ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblog

Pbフリー(鉛フリー)ハンダ付けや 半田付け技術のノウハウ公開と集積を目的としたblogです 

ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblog イメージ画像
はんだ付けに光を!

半田コテ インプレッション

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、久しぶりにハンダゴテのインプレッションです。 新たに導入したのは、HAKKO FX−838です。 このハンダゴテにオプションでN2(窒素)システムの FX−8302をつけました。 というのも、従来からFX−9
『はんだ付けに光を! ハンダゴテのインプレッション』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、先日1/13〜15に開催された東京ビッグサイトでの インターネプコンのレポートの続編です。 日本ゲスコさんの扱うドイツ製ハンダゴテWeller の紹介です。 ハンダゴテのコントローラーはこんな感じ。 以前のipo
『続 2016 インターネプコン ジャパン レポート(2016.1.20)』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、先日1/13〜15に開催された東京ビッグサイトでの インターネプコンのレポートです。 私は、14日の10時開場から16時ごろまで精力的に 各ブースを廻らせていただきました。 (暑かったです) それでも、1日だけでは、イン
『2016 インターネプコン ジャパン レポート(2016.1.18)』の画像

先日、あるお客様から仕様についてご質問がありました。 おおよその内容は 「FX-601の適正に関してAWG26〜36のケーブルのはんだ付けは出来るか」 ごもっともな質問だと思います。 白光FX-601はとてつもなく大きな熱量を必要とするはんだ付け作業用で 通常のはんだ付け
『職人仕様のハンダゴテ!』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 ネプコン・ジャパン2015行ってきました。 中でも気になるインターネプコン・ジャパンとプリント配線板EXPOを こってり時間を掛けて廻らせていただきました。 今回、ハンダゴテメーカーさんの出展は少なかったんですが、 い
『ネプコン・ジャパン2015(2015.1.17)』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、高周波ハンダゴテについてのお話です。 先日、幕張の講習会で高周波ハンダゴテのデモ機をお借りした際、 興味深いお話を聞きました。 ※ポリテクセンターでのはんだ付け講習会、検定では、  日本最大手ハンダゴテメーカ

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、ハンダゴテの電力表示についてのお話です。 最近では、あまり使われなくなってきましたが 「20W(ワット)くらいのハンダゴテで作業してください」 「15W以下のハンダゴテを使ってください」 「40Wのハイパワ

HAKKOさんの窒素フローハンダゴテ コテ先温度 300℃ 糸はんだφ0.6mm (日本スペリア社 SN100C) ストップウオッチは、はめ込み合成 ハンダゴテを近づけるだけで、温度が100℃近くに上昇しているのは 200℃近い窒素ガスをコテ先から放出しているため

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、はんだ付け職人専用 プロモデルハンダゴテセットを 紹介させていただきます。 2年前に、はんだ付け職人のハンダゴテセットの販売を 始めた際、「上級者用のプロモデルも欲しいですね。」 とHAKKOさんに構想
『はんだ付けに光を!(2010.6.30)プロモデルハンダゴテセット』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 今週は、ご存知の方も居られるかもしれませんがHAKKOさんから 来月発売される吸煙器のインプレッションです。 FA−400という名称なんですが、従来の493の後継機種です。 ホームページの【はんだ付け基礎講座 WEB版】
『はんだ付けに光を!(2009.11.24)吸煙器』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 今週は、ハンダゴテのコテ先についてのお話です。 私は、前々からハンダ付け作業におけるコテ先選びの重要性が、ハンダ 付け業界でほとんど語られることがないのを、とても不思議に思ってい ました。 当社の日常の業務では、
『はんだ付け講座(2009.04.01)』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 ハンダゴテ選びの話の続きです。温度調節機能つきのハンダゴテは 6000〜8000円程度から販売しているけれど、値段だけで選ばずに 交換用コテ先や保守部品を購入できることを考慮して選んでください・・。 というお話をしました。
『はんだ付け講座(2009.03.25)』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 先週、初心者の方でも「温度調節機能つきのハンダゴテ」を 選ぶようにしてください。と言いました。 さて、「どんなハンダゴテがあるのか?」という具体的な話になりますと 一般の方が購入できるハンダゴテというのはそんなに多く
『はんだ付け講座(2009.3.18)』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 先週から書き始めた「ハンダゴテの選び方」のつづきです。ホームセンター などで安価に購入(1000〜3000円)できるハンダゴテは、コテ先温度が 高すぎることが問題だと先週お話しました。 もうひとつの問題は、一般の方がハンダゴ
『はんだ付け講座(2009.3.4』の画像

ハンダゴテのインプレッションです。 今回は、オーケーインターナショナルさんのMX−5020という 高周波ハンダゴテを使ってみました。 先日のメルマガでもお話しましたが、先月のインターネプコンで試して 「これはいいな・・。」と期待しておりました。 まず
『螢ーケーインターナショナル  MX−5020』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 今週は、ハンダゴテの選び方についてお話します。 「今さらなんでやねん?」という意見もありそうですが 先日のセミナーで、あまりにも皆さんハンダコテ選びに無頓着なのに 驚いてしまいまして、お話しする必然性を感じてしまいま
『はんだ付け講座(2009.2.25)』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です 先週、1/29(木)は東京ビッグサイトのインターネプコンに 行って来ました。さすがに、世相を反映してなのか来場者は見た目に 例年の半分程度でしたね。 おかげで、各ブースをゆっくり2度回ることができました。 ハンダゴテについ
『はんだ付け講座(2009.2.4)』の画像

2ヶ月ほど間に一度、メルマガで「こういう企画を考えています。」 というお話をしたことがあるのですが、ようやく皆様に発表できるようになりました。 半田付け入門者向け はんだゴテセットの販売のお知らせです。 職人は道具を選びます。はんだ付け初心者だから
『半田付け入門者向け はんだゴテセットの販売のお知らせ』の画像

5
☆ ご質問 アドバイスいただけると嬉しいのですが 学生(中学、高校生)が使用するのにちょうど良い半田ごては どのレベルの物でしょうか? 専門機器過ぎるのも贅沢かとも思いましてプロの方のご意見を 聞けると嬉しいです。 ☆ハンダ付け職人回答 さて、
『学生さんにお勧めのハンダこて』の画像

↑このページのトップヘ