ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblog

Pbフリー(鉛フリー)ハンダ付けや 半田付け技術のノウハウ公開と集積を目的としたblogです 

ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblog イメージ画像
はんだ付けに光を!

ゴッドはんだ

虫やナメクジが気色悪いという方に、 動物シリーズをご用意しました。 犬好き、猫好きな方にもどうぞ。

少し気色悪いナメクジの作り方です。 ウルトラQのナメゴンのイメージでしょうか。 メタリックなナメクジは無かったよな・・ イモはんだの集大成

第3弾は、カエルの作り方です。 カエルほどイモはんだの技術が問われるものはないでしょう。 新しいはんだ付けの幕開けです。

続いて、鈴虫の作り方です。 イモはんだ付けの達人は、はんだ付けの達人でもあります。 試しに、こそっと造ってみないですか?

はんだ付けアーティスト 山田裕之氏の協力を得て、 はんだ付けアート アリンコの 作り方を公開しました。 今後、はんだ付けアート専用のHPを立ち上げ、 はんだ付けアートのコンテストなんかを企画したいなあ・・と 目論んでおります。

山田 裕之氏からアリがたくさん送られてきました。 一度やってみたかったアリの行列です。 餌はミルキー・・ 餌を運ぶ図・・ 行列・・ 運べ・・ 群がるの図・・ 数が揃うと迫力が出ますね・・
『はんだ付けアート(アリの行列 フィギュア)』の画像

朝夕は涼しくなってきましたね。 山田 裕之氏から新しい作品が送られてきました。 竹籠と朝顔の葉っぱで雰囲気を出してみました。 クリックすると拡大されます。 素材に何が使われているかわかるでしょうか?
『はんだ付けアート(鈴虫フィギュア)』の画像

山田 裕之氏の作品です。 はんだ付けに馴染みのない方には、こちらのほうが インパクトが大きいかもしれません。 全長20cmほどの作品です。 細部を見ると、「なるほど・・」と、うなずけます。 上手く素材を活かしていますね。 胴は太く、首は細く・・
『はんだ付けアート(ドラゴン フィギュア)』の画像

山田 裕之氏の作品です。 以前、紹介させていただいた時には、 標本のように動きのないアリンコでしたが、 今回造られた作品は、いかにもアリンコが動いていそうな ポーズに進化しています。 金属光沢があって、なかなか撮影が難しいのですが、 メタリック
『はんだ付けアート(アリンコ)アリ フィギュア』の画像

2012年4月22日 Makeという雑誌をご存知でしょうか。 面白い電子工作が載っている雑誌なのですが、 この中に、鶏卵スピーカーというものが掲載されていました。 こんなやつ(すごいです) 鶏卵スピーカー これを読んで、 「ダチョウの卵やったら自分でも作れるかな?」
『ダチョウの卵スピーカー』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 月火水と出張で配信が遅くなってしまいました。 4月に紹介させていただいた「はんだ付けアート」を 取材してまいりました。 こちらです。(新作もあります) 山田 裕之氏の作品です。 http://k.d.cbz.jp/t/7a06/a0nzzgw0bir8re5uo5

山田 裕之 作 はんだ付けアート ざりがに ひげもちゃんと4本・・ 走る馬 なびくタテガミが渋い・・ あまがえる この目の立体感は特にすごい・・
『はんだ付けアート』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、はんだ槽の成分分析を依頼する際の 試料の採取方法についてのお話です。 静止はんだ槽やはんだポット、噴流はんだ槽では、 定期的に、はんだに含まれる不純物や、錫や銅成分の比率を 調べるために成分分析を実施されてい

↑このページのトップヘ