ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblog

Pbフリー(鉛フリー)ハンダ付けや 半田付け技術のノウハウ公開と集積を目的としたblogです 

ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblog イメージ画像
はんだ付けに光を!

部品実装の基本

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、twitterとインスタグラムを使って はんだ付けの情報発信する実験を始めましたので、 そのご紹介です。 現在まで主にWEBサイトを使って、はんだ付けに関する 情報を発信してきましたが、最近ではPCを持たず、スマートフォン

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、オーバーヒートについてのお話です。 というのも、はんだ付けの講習会でお話していて、 オーバーヒートについての認識を持っておられる方が とても少ないことに気づいたからです。 「えっ!これ、オーバーヒートなんで
『はんだ付けに光を!(2015.12.4 オーバーヒート)』の画像

チップ抵抗の模型 カップ端子にリード線 模型 D型コテ先の模型 SOPのリードの模型 カップ端子の模型
『コテ先の模型』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、毎回のはんだ付け講習で受ける質問の中でも TOP10に入る疑問に対する考察です。 それは・・ 「部品のリードは、はんだ付けの前に切る?後に切る?」 というご質問です。 ここで言う部品のリードとは、基板のスルー

こんにちは、はんだ付け職人です。 さて今日は、最近、私がお客様と話をしていて、 「意外な盲点だな」と感じた「イモはんだ」についてのお話です。 「イモはんだ」と言いますと、広く一般の方にも 比較的なじみのある、はんだ付け不良の代表ですが、 実は大き

はんだ付け良品サンプル 綺麗なフィレットが形成されています。 オーバーヒートが原因の不良品サンプル 加熱しすぎのイモはんだです。 フラックスが蒸発してしまっており、表面は白く凸凹、ザラザラになります。
『はんだ付け仕上がり 良品とイモはんだ2種』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、プリント基板にネジで固定する部品についてのお話です。 例えば、基板に直接はんだ付けされる大型のコネクタなどは、 コネクタを抜き差しする際に、 はんだ付け部に大きな応力が掛かるため(テコの原理が働く) コテ

自動車のコンピューターに使用されているFET。 放熱のためアルミケースにネジ留めされています。
『ヒートシンク』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 先週ご紹介した電子部品の保管についてのお話が ※電子部品を紙製の袋や、ナイロン製袋の中に紙と一緒に  保管すると発生する不具合についてのお話 結構反響が大きかったので、 今週も部品の保管に関するお話を紹介させていた

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、部品の保管に関するお話です。 はんだ付けのトラブルは、道具や技術的なものばかりではありません。 何気に、あるいは良かれと思って行った行為が 予想外のトラブルの元となることがあります。 今回、紹介するのは「紙

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は「あれ?意外に知らない方もいるんだ・・」 という、部品実装の基本についてお話しようと思います。 基板実装のご依頼を受ける際、 「んん?・・それはいかんのでは?・・」 と思うことが、ちょくちょくあります。 昔、

リードを曲げる時 セラミックコンデンサ、バリスタなど 抵抗の曲げ
『部品実装の基本1』の画像

↑このページのトップヘ