ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblog

Pbフリー(鉛フリー)ハンダ付けや 半田付け技術のノウハウ公開と集積を目的としたblogです 

ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblog イメージ画像
はんだ付けに光を!

コテ先

こんにちは、はんだ付け職人です。 先日、お客様からうれしいお電話をいただきましたので 紹介させていただきます。 Iさんは、鉄道模型に中学生の頃からのめりこみ、 61歳の現在まで、ドイツ製のメルクリンの模型を 40台も所有されているそうです。 「お宅、

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、 「温度調整されたハンダゴテのコテ先を交換して、  形状が変わるとコテ先温度は変わるのか?」 という長いタイトルです。 会社で毎日コテ先温度を計測されている方も いらっしゃるでしょうが、 一般の方でコテ

こんにちは、はんだ付け職人です。 「君はプロゴルファー猿か?」 「プロゴルファー猿やないんやから・・」 これは、はんだ付け業界でよく使われるフレーズです。 (私の周囲だけ?・・) どういうときに使われるかと申しますと、 ハンダゴテを使ったはんだ付け

先週に引き続き コテ先アドバイザーのセラコート工業株式会社 北見勝さん http://k.d.cbz.jp/t/7a06/90em72y0pg2z13g3blのお話からの気付いた点を紹介させてもらいます。 先週、コテ先へのメッキの掛け方を限定すると コテ先作業温度を下げることができ、 不要

コテ先へのメッキを掛ける場所を制限したコテ先のサンプルです。 (コテペンⅡ用) コテ先の熱容量を大きくして蓄熱出来るようにしたコテ先のサンプルです。 (コテペンⅡ用)
『蓄熱コテ先とメッキ制限コテ先』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 先週、10/5に京都府中小企業技術センターで 実装技術スキルアップセミナーが開催され 私も午前中、ハンダゴテを使ったはんだ付けについて 講師としてお話してきました。 午後は、コテ先アドバイザーのセラコート工業株式会社 北

こんにちは、はんだ付け職人です。 今週は、使用したハンダゴテやこて先の保管、管理方法についての お話です。 メールで下記のようなご相談を受けました。 ※100パーセント鉛フリーで管理しておられる環境で  はんだづけ終了する際には必ずこて先にはんだを乗せ
『はんだ付けに光を!(2009.10.14)』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 今週もハンダゴテのコテ先を紹介します。 K型、ナイフ型と呼ばれるコテ先です。 こんな形状です。 形はナイフですが、本物の刃物のように鋭くはありませんので モノを切ったりすることはできません。 (ホット
『はんだ付けに光を!(2009.04.28)』の画像

↑このページのトップヘ