ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblog

Pbフリー(鉛フリー)ハンダ付けや 半田付け技術のノウハウ公開と集積を目的としたblogです 

ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblog イメージ画像
はんだ付けに光を!

コンデンサ交換

今回もコンデンサ交換ですが写真の◎印、合計で28ヵ所の交換です。 かなり液漏れがひどいです。かなりの大手術です…。 と、いうのも28ヵ所という数量もですがapple製品のロジックボードは チップ部品がコンデンサ付近に密接して実装さ
『i Mac G5のコンデンサ交換手術』の画像

コンデンサの交換手術です。今回は写真の○印1ヶ所のみです。 矢印のコンデンサを見てみると液漏れ、膨れているのがよく分かります。 小型噴流DIP槽を使って交換しました.。゚+.(・∀・)゚+.゚ はんだ付けでお役に立てるなら お気軽に
『マザーボードのコンデンサ交換手術』の画像

☆゚+.☆゚今回は駅漏れを起こしたコンデンサの状態とてもよく分かる写真があるので見てください.☆゚+.☆゚+. ←写真2枚目です…。 CPU及びCPUクーラーは付けたままになっているので取り扱いに注意しながら小型噴流DIP槽(溶かしたハンダを噴水のように吹き上げる)を使
『PCマザーボードのコンデンサ交換』の画像

『破裂による動作不良を修理しようとしてコンデンサを取り替えようとしたのですがハンダがうまく溶けてくれず困ってしまい結局28ヶのコンデンサはすべてリードを折ってあります…』 といった内容のメールを頂きました。マザーボードにはコンデンサの極性を示す目印があった
『 DELL社製precision670のコンデンサ交換』の画像

マザーボードのコンデンサ交換です。CPU及びCPUクーラーは付けたままになっているので取り扱いに注意しながらを使って交換手術をします。 小型噴流DIP槽は写真(中)の丸印のところから噴水状に上がるハンダに浸した状態でコンデンサを素早く抜き取り そのまま交換用コ
『マザーボードのコンデンサ交換手術:14箇所』の画像

今回交換するコンデンサは写真を見るといつもと違うようですが鉛フリー対応のアルミ固体の電解コンデンサです。青色になっている方が−側なので方向を間違えないようにします。 鉛フリーハンダは粘度が高く、熱容量を多く必要とするので熱不足に陥りやすいめ、イモハンダに
『マザーボードのコンデンサの交換手術』の画像

ハンダコテを使ってコンデンサの取外しをします。今回はHAKKOの新製品FX−888を使用しました!(デザインもオシャレで可愛いです) コテ先は太めの4Cというタイプです 斜めにカットしてあります。 基板裏側からWICK(ハンダ吸い取り線)で半田を吸い取ってや
『自動車ECUコンデンサ交換と液漏れ修理』の画像

引き続きECUのコンデンサ交換と液漏れ部分の補修です。 まずはコンデンサを外してやります。 PCマザーボードのコンデンサ交換では小型噴流DIP槽を使用しますが、今回のECU基板は大きさもコンパクトなのである程度熱は伝わりそうです。 ハンダコテを使ってコンデンサ
『自動車ECUコンデンサ交換と液漏れ修理』の画像

自動車ECUの液漏れです。写真を見ると表も裏もピン部分、その周辺がこってり汚れてしまい腐食されていました。早速洗浄液で汚れを除去しましたが、こびりついているところや、チップコンデンサ等はカッターナイフ(デザインカッター)でうっすら削ってもう一度ハンダを足して
『自動車ECU液漏れ修理』の画像

みなさんこんにちは。 お正月気分も抜けてようやく生活のリズムが安定して来た頃でしょうか? さてさて今回は電源ユニットのコンデンサ交換を説明してみたいと思います。 電解コンデンサという部品は長年の使用やハードな状況での使用で確実に寿命がやってくるものです。目
『電源ユニットのコンデンサ交換』の画像

今回は 身の回りにあるこんなものもコンデンサ交換で元気になります…という紹介です。参考までに… ギターアンプのコンデンサを交換しました。手順はPCのマザーボード等と基本的に一緒です。家の中を見渡して元気のない電化製品、もしかしたらコンデンサの交換やはんだ付
『ギターアンプのコンデンサ交換』の画像

今回はコンデンサ交換についての記事になります。 自動車のECUのコンデンサ○の付いている3箇所ですが、 片面基板のためハンダ吸い取り線(WICK)でハンダを 吸い取ってしまえば簡単に外れます。 が、かなりガッツリと樹脂コーティングされていますので 基板裏面 吸い取る
『自動車ECUコンデンサ交換』の画像

詳しいことは不明ですが、何かの電源ユニットの コンデンサ交換2箇所です。 今回は両面基板ではないので、吸い取り線(WICK)でハンダを 吸い取ってやれば簡単にはずれます。(両面基板の場合はコテ先の熱が逃げてしまうのでハンダが充分に溶ける温度になりません。このよう
『電源ユニットのコンデンサ交換』の画像

写真赤丸の9ヶ所のコンデンサを交換していきます。 裏面をしっかりマスキングで養生してから小型噴流DIP槽を使ってコンデンサをはずしていきます。写真を見てみると液漏れを起こしているのが確認できると思います。長年の使用での劣化、ハードな環境(すごく暑い、寒い
『apple マザーボード コンデンサ交換』の画像

コンデンサは長年の使用に伴いどうしても劣化してしまうものです。 交換すれば故障が治るのですが(他の原因がなければ)なかなか分解して内部基板を見てやろう!とならないかもしれません、 でもどうせほかす気持ちなら開けてみるのもいいかもしれませんね。 写真の赤丸
『intelSE7505VB2 コンデンサ交換』の画像

写真(丸)を見ていただくとわかるようにコンデンサが液漏れをおこしています。 今回は写真の赤丸で囲った部分14箇所のコンデンサを新しいものに交換します。 取り外しには小型噴流DIP槽を使用するので基板裏面は写真(下段)のようにきちんとマスキングします。DIP槽
『SONY VAIO コンデンサ交換14箇所』の画像

コンデンサの交換です。 写真の赤丸の部分の交換になります。拡大した写真を見てみると、 液漏れを起こしているのが確認できると思います。 このように狭い間隔で大きな基板についているコンデンサはハンダコテで取り外すのはとても難しいです。(熱容量の問題ですね。)外せ
『マザーボード ASUA P4C800E コンデンサ交換』の画像

比較的当社がよく依頼を受けるコンデンサ交換です。 どれだけ大切に使っていても使用年数を重ねるとやはり基板上の部品に劣化がみられます。いちばん多いのが左写真にあるコンデンサの膨れ、液漏れです。 小型噴流DIP槽を使用して膨れたコンデンサを取り外します。 この
『DELLマザーボード コンデンサ交換』の画像

みなさんこんにちは。 クリスマスも終わりましたね。楽しかったですか? もう仕事収めの会社も多いかと思います。 当社はラストスパート中です! 依頼者様によると、左写真をご覧頂いてわかるように 用意した交換用コンデンサが従来品より太くて収まりきるでしょうか? との
『PC マザーボード コンデンサ交換』の画像

今回はSONY VAIOによくあるメモリースロットのハンダ不良ではなく (やはり各社によって弱点が異なるようですね。 どれがいいとはいえませんが…)コンデンサの膨れ、液漏れでした。 写真(中)を見ていただくとわかるように若干膨れていますね。 これはコンデンサが劣化
『SONY VAIO マザーボード コンデンサ交換』の画像

↑このページのトップヘ