ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblog

Pbフリー(鉛フリー)ハンダ付けや 半田付け技術のノウハウ公開と集積を目的としたblogです 

ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblog イメージ画像
はんだ付けに光を!

はんだ付け講座(メルマガ)

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、とても基本的なことですが、 はんだ量について、改めてお話します。 というのも、先日の検定で 「こんなにはんだは少なくていいんですか?」 「少なすぎたら、問題はないんでしょうか?」 「少なければ少ないほどいいん

はんだ量が多すぎる見本 はんだ量が適量の見本 はんだ量が少なすぎる見本
『はんだ量見本』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、一昨日7月25日発売に出版された新刊についてのご案内です。 タイトルは、 目で見てわかる はんだ付け作業(鉛フリーはんだ編)です。 前著(目で見てわかる はんだ付け作業)では、 共晶はんだを対象に、はんだ付

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、プリント基板にネジで固定する部品についてのお話です。 例えば、基板に直接はんだ付けされる大型のコネクタなどは、 コネクタを抜き差しする際に、 はんだ付け部に大きな応力が掛かるため(テコの原理が働く) コテ

自動車のコンピューターに使用されているFET。 放熱のためアルミケースにネジ留めされています。
『ヒートシンク』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 月火水と出張で配信が遅くなってしまいました。 4月に紹介させていただいた「はんだ付けアート」を 取材してまいりました。 こちらです。(新作もあります) 山田 裕之氏の作品です。 http://k.d.cbz.jp/t/7a06/a0nzzgw0bir8re5uo5

山田 裕之 作 はんだ付けアート ざりがに ひげもちゃんと4本・・ 走る馬 なびくタテガミが渋い・・ あまがえる この目の立体感は特にすごい・・
『はんだ付けアート』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、プリフラックスで表面の処理をされた基板の 未実装部分のランドはどうすべきか? というご質問をいただきましたので、一緒に考えてみましょう。 まず、最初にプリフラックスとは、 プリント基板の銅の導体パターン表面の

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、フラックスの濃度は、はんだ付けにどう関係するのか? についてのお話です。 ヤニ入り糸はんだを用いて、はんだ付けする場合は、 フラックス濃度のことを心配する必要はありませんが、 はんだポットで予備はんだを行う

アルミカップ 本来、カップケーキなどを焼く時や お弁当のおかずを小分けする時に使用するものです。 フラックスを少量入れて、使い捨てにするには便利です。
『フラックスの小容器』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 NPO法人日本はんだ付け協会のHPをリニューアルしました。 このリニューアルによって、 今まで、「はんだ付け検定」の選択メニューが10個もあったので、 ご要望の多い3つに絞り込みました。 http://k.d.cbz.jp/t/7a06/a0

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、はんだ付けの業界でお目にかかることが とても多い黄銅(真鍮)の端子についてのお話です。 当社でも、苦しめられた経験がありますが、 黄銅に錫メッキされた端子部品をはんだ付けする際に、 ロットによっては、とても

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、はんだ槽の成分分析を依頼する際の 試料の採取方法についてのお話です。 静止はんだ槽やはんだポット、噴流はんだ槽では、 定期的に、はんだに含まれる不純物や、錫や銅成分の比率を 調べるために成分分析を実施されてい

ステンレスの厚板にテーパー穴を開けて 下にステンレスの板をあてがったもの。 はんだが固まった後、下の板を外すと、簡単に成型された試料が 出来上がる。
『はんだの成分分析 試料採取』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、鉛フリーはんだを使った キャノンコネクタやDsubコネクタのカップ端子に、 リード線をはんだ付けする際のお話です。 過去に予備はんだの考察としてお話したことがあり、 鉛フリーハンダ「コネクタ・ケーブル特集」(

↑このページのトップヘ