ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblog

Pbフリー(鉛フリー)ハンダ付けや 半田付け技術のノウハウ公開と集積を目的としたblogです 

ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblog イメージ画像
はんだ付けに光を!

職人仕事

これにはめちゃめちゃ苦労したそうです(作業者:談) 左写真の真ん中を見ていきますとチップ抵抗の片側にジャンパー線をつないでいくという作業です。 組み立て途中なら順番に作業できるのでそれほど大変ではないのですが完成品になるといろいろ難儀な場所に部品がつい
『デジタルチューナーの改造』の画像

外側が無い状態で送ってこられたので 最初はデジカメかと思っていました… 左写真の一番上にあるように赤丸のところから部品がポロリと取れてしまったらしいです。これはさすがに自分で直すには難しい大きさの部品で場所だと思います。 しかし少し本体を上に上げた
『海外製?携帯電話の部品取り付け』の画像

今回ご依頼を受けたものは 基板の状態で送られてきたので実は何なのか あんまりわかっていません… (USBがついているので おそらくPC基板だと思われます。) マスキングをしっかりしてから小型噴流DIP槽でUSBを 取り外していきます。このような大き
『パソコン基板?のUSB交換』の画像

抵抗交換です。 以前コンデンサ交換とオペアンプ交換を実施済みとのことでした。 今回は抵抗交換とのことですが抵抗が大きすぎて 基板上にスペースを確保できないと依頼者様からの メールにありました。 なるほど抵抗は以前のものと比べ、とても大きい
『サウンドカードの抵抗交換』の画像

さてさて今回は… ちょっと苦労したサウンドカードのオペアンプ交換と抵抗交換です。 何がそんなに苦労したかといいますと、 左写真(中)を見ていくとオペアンプは合計3個です。 2個は取り外されていますね。残る1個が仕切りのような部品の 真下にありますね。
『サウンドカードの抵抗交換とオペアンプ交換』の画像

そして今回も難儀を強いられている画伯@ハンダ付け職人の登場です。基板のみで送られてきたのではっきりしたことはわかりませんが 音楽用の機械のようです。 今回の依頼者様も自分で取り外そうとして断念されたようです。 メールには「コンデンサを外そうとして片方の足
『コンデンサ、DAC交換』の画像

「………んむぅ…」 久しぶりにうなっている画伯@ハンダ付け職人を見ました。 依頼者様はどこかのサイトを見てご自分で改造をしようとして 断念されたようです。写真入りでわかりやすく簡単なように 見えますが割りと難易度が高いものもありますよ。 さて、何が画伯
『SEー200PCI オペアンプ交換』の画像

これは、年式不明ですがクラウンのECUとのことです。 コンデンサに液漏れがあるとのことで 全数交換をご要望でした。 本当に、微量の液漏れで正直 「よくこんな液漏れを発見できたなあ・・」 と思いました。 さて、無事コンデンサの交換は完了したのですが
『自動車のECUのコンデンサ交換』の画像

最近、当社のホームページをたくさんの方に見ていただいているのか、 いろいろなマザーボードの修理の依頼を受けます。 今回は豪華3本立て!  ……修理に豪華はないですね。 まずはSONY VAIOのメモリースロットの交換です。 やはりPCにも特徴があります。 良いとこ
『SONY VAIO PCG-GRX81G/Pメモリースロット交換』の画像

こんにちは。寒くなってきましたが風邪ひいてませんか? 我が社のまわりはもうそろそろ紅葉がチラホラです。 さて、今回もいってみましょう! 今回はメモリースロットのハンダわれの修理です。どれだけ慎重に抜き差ししていても ハンダが弱いと割れてしまい故障が起きる原
『SONY VAIO PCG-GRX90Pメモリースロット修理』の画像

今日は引き続いて全回少しふれた小型噴流DIP槽についてです。 これは部品の後付け、取り外し(コンデンサの取り外しや 先程の放熱板などの多層基板に最適です) 通常のハンダコテでは熱の伝わりにくいものに使用します。 今回ご紹介するのは テクノデザイン工業T
『小型噴流DIP槽』の画像

さて、今回はコンデンサの液漏れによる DELLパソコンのマザーボードコンデンサ交換作業です。 今月のブログにアップした例と全く同じ症状ですね。 放熱板がコンデンサの上部を覆っており これを外さないとコンデンサを交換することが出来ません。 放熱板は熱を逃がす
『DELLパソコンのマザーボードコンデンサ交換(液漏れ)』の画像

6例目になります。 iBOOK G4電源コネクタが取れてしまった例です。 初期型のものに集中して発生しているらしく 気をつけていても元々の強度が足りないせいか 取れてしまうようですね。 (PCショップの人が嘆いていました・・) コネクタのリードを成
『iBook G4 電源コネクタの修理 その6』の画像

コンデンサの液漏れによる DELLパソコンのマザーボード コンデンサ交換作業です。 上写真のように液漏れがはっきりわかる状態です。 但し、放熱板がコンデンサの上部を覆っており これを外さないとコンデンサを交換することが出来ません。 放熱板は読んで字
『DELLパソコンのマザーボードコンデンサ交換(液漏れ)』の画像

Apple PowerBook G4 17inch 1.5Gのマザーボードです。 キーボード接続用のコネクタがハンダ割れで動作不良になった例です。 同じ機種での2例目ですが、ご自分で改造されたりする場合 コネクタの抜き差しを上手にしていても、元々のハンダ付けが弱い場合 ハンダがわれ
『Apple PowerBook G4 17inch 1.5Gキーボード接続用コネクタのハンダ割れ』の画像

リブレットは3回目になりますね。 やはり、カードスロットのハンダ割れが原因で動作不良を起こしていたものです。 ハンダ修正により修理しました。 マスコミで報道されるようなハンダ割れは稀ですが PCに関するハンダ割れは多いですね。 毎日のように、お問い合わ
『東芝 リブレット PCカードスロット 接触不良 3例目』の画像

膨張したコンデンサの交換です。 マスキングテープでしっかり養生してやるのがポイントです。 コンデンサはグランドのパターンにつながっていることが多く ハンダコテではハンダを溶かせないことがよくあります。 今回も小型噴流DIP槽を使いました。 ホーム
『マザーボードのコンデンサ交換4』の画像

どうやらiBook G4の一部の時期に作られたものに集中しているようですね。 またもや電源コネクタの修理です。 たいていの場合、お客様がご自分で接着剤などで固めて 修理を試みられるので、基板とコネクタは接着剤で固まっています。 今回も同様、 接着剤を削って掃
『iBook G4 電源コネクタの修理 その5』の画像

☆ ご依頼 アップルのimac G5のマザーボードなのですがコンデンサの交換を依頼したいのですが。 自分で交換しようとしたのですが、スルーホールの中にコンデンサの足?が中で折れて2本残ってしまいました。 1箇所はなんとかはずせたのですが... あと6箇所ぐらい不良コ
『アップルのimac G5のマザーボード コンデンサ交換』の画像

続けて VAIOのメモリスロットのハンダ割れです。 3枚目の写真のハンダに筋が入っているのは ピンセットで ハンダ割れを確認した際、付いたものです。 ピンセットで突付くと、ハンダが割れて端子が浮いているのがわかります。
『SONY VAIO PCG-NV99M/BP メモリースロットのハンダ割れ』の画像

↑このページのトップヘ