ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblog

Pbフリー(鉛フリー)ハンダ付けや 半田付け技術のノウハウ公開と集積を目的としたblogです 

ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblog イメージ画像
はんだ付けに光を!

職人仕事

IODATA製bluetooth対応アダプタNVBTH2のコネクタのピンをジャンパーさせて通話時のノイズを軽減させるという作業です。 ジャンパーの材料は軟らかい線を使用すると作業がしにくいので切断した電解
『IODATA製bluetooth対応アダプタNVBTH2のノイズ対策』の画像

              ラジコンのプロポの左右のレバーを付け替える→プロポを分解してハンダ付けしてある左右のレバーを入れ替える×2台という作業になります。 1つのレバーに対して4箇所ハンダ付けがしてあります。
『ラジコンプロポの左右のレバーを付け替え』の画像

DAコンバーターのオペアンプ交換と電源スイッチに使われている電球をLED化します。交換するオペアンプですが…ちょっとした問題がありました。基板にはピンを差し込む穴が開いている→ということは写真の場合だと片側4ピンで8ピン
『SONY DAコンバーターのオペアンプ交換と電球→LED化』の画像

IODATA社 Bluetooth対応アダプターのジャンパー線ハンダ付け作業です。とってもうれしい事です そう、以前同様の作業を依頼された方がブログで弊社でのこの作業のことを取り上げてくださっています(しかも めちゃめちゃホメて
『IODATA社 Bluetooth対応アダプターのジャンパー線ハンダ付け』の画像

東芝リブレットL2のPCカードを差し込むスロット部分のハンダが衝撃?で取れてしまっています。この部分をハンダ付けしていきます。 点線で囲まれた部分がスロット部です。このような微
『東芝リブレットL2 PCカードのハンダ付け』の画像

前回当ブログにて同様の作業をアップしたところお問い合わせを何件か頂きました。 みなさん 困っていたんですネ…。 viliv s5というUMPCの内部の基板上にPCI-Express miniのパターンがあります。ここにPCI-Express miniコネクタを
『viliv s5(UMPC)のminiコネクタのハンダ付け その◆戮硫菫

過去に2回ほど作業をしました、自動車とBluetooth対応の携帯電話をつなぐアダプタのジャンパー作業です。もちろんこのままでもしっかり使えるのですが、通話中にノイズがはいるらしく、ジャンパーすることによってノイズが軽減される
『IODATA社 Bluetooth対応アダプターのジャンパー線ハンダ付け』の画像

2009・6・30のブログでアップしました、デジタルカメラ(1眼レフタイプでしょうか?)の液晶表示部の基板に接続していたフィルムケーブルが断線してしまったものを極細ジャンパー線で修復し見事復活していたのですが、今
『canon デジタルカメラ基板のケーブル修復 再び!!』の画像

viliv s5というUMPCです。この基板上にPCI-Express miniのパターンが存在しているのでここにPCI-Express miniコネクタをハンダ付けするという作業です。 まずは写真にある本体の金属パーツを取り外します。7箇所が半田付けで固定されていました。あっ
『viliv s5(UMPC)のminiコネクタのハンダ付け』の画像

以前当ブログにアップしました(8月分:自動車ハンズフリーボックスのジャンパー線ハンダ付け)症例と同じ作業でアース端子7本の1番ピンと3番ピンをジャンパー線でつなぎノイズを低減させる加工です。 ジャンパー線は導通
『IODATA社 Bluetooth対応アダプターのジャンパー線ハンダ付け』の画像

自動車メーターパネルのシートベルトランプがつきっぱなしになるのでパネル上のICを少し自分でリペアしたが、パターンが剥離した箇所があり、パターン損傷による不具合では?ということでICを確認しました。 ま
『自動車メーターパネルのICハンダ付け』の画像

再び4連オーディオメーターです。LEDの球切れでは…?と いうことでしたが分解してみるとまったく別の理由でした。詳しくは…↓ まずは分解!と思って早速出鼻をくじかれま
『オーディオ4連メーター その◆戮硫菫

自動車(レクサス)の部品ということですが、今回のLEDは特殊な形状でハンダコテでは取外しができません。リード2本と反対側に大きく1箇所、写真では分かりませんがLEDを裏返すとT字型にハンダ面がありました。(取り外しの時点では未確認でしたがおそら
『特殊な形状のLEDの取り外しとハンダ付け』の画像

       *・゜゚・*:.。..。.:*・゜ こんなメールを頂きました *・゜゚・*:.。..。.:*・゜  〜中略〜 イヤホンのプラグ部が接触不良になり、何度か自分で半田付けしたのですが、しばらくするとまた不良になってしまいます。その度にケ
『shure イヤホン プラグ部分のハンダ付け修理』の画像

『本体取り外し時に光ケーブルで引っ張ってしまい、プラグ本体に力が掛かってプラグ内部のプリント基板が折れてしまいました…。 〜中略〜 逆方向に軽く曲げると通電する状態です。自分で修理しようとしましたが上手くいかず、すで
『SONY カーオーディオ用のデジタル変換プラグの回路修復手術』の画像

オペアンプ15個と、DACを1個交換します。交換箇所の周辺に電解コンデンサが 実装されていて作業がしにくかったです…。 ちなみに基板はリード線で2枚が繋がっていましたが、作業をしやすくするために、 一時的に分解しました。
『デジタルオーディオプロセッサー PXA-H701 オペアンプの交換』の画像

NEC Lavie GL12EB/NA コネクタの再ハンダ付けと回路修復です。今回は 本当に手術というに相応しい大変難易度の高いものになりました… HDD交換中にマザーボードとキーボードを繋ぐフィルムケーブルがコネクタごと 取れて
『NEC Lavie GL12EB/NA コネクタの回路修復手術』の画像

今回はとても気合いのいる依頼でした。デジタルカメラの液晶表示部の基板に 接続していたフィルムケーブルがプッツリ断線してしまっています。 極細ジャンパー線を使って回路
『CANONデジタルカメラの ケーブル断線修復手術』の画像

『これ、何とか復活できないかなぁ?』 友人からパスされたのは最近では珍しいCDプレーヤーでした。 (新しいのん買うたほうが早いで…) と言いかけた時に 『人生に半分を共にしてきたヤツだから…』といわれたのでとに
『SONY ポータブルプレーヤー D-E666復活劇』の画像

↑このページのトップヘ