ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblog

Pbフリー(鉛フリー)ハンダ付けや 半田付け技術のノウハウ公開と集積を目的としたblogです 

ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblog イメージ画像
はんだ付けに光を!

鉛フリーの半田付け

鉛フリーはんだ付け 基礎知識講習 鉛フリーはんだに2種類の はんだがあったことに驚きました。 初めて知った!そのようなものがあったんだ! といった形で、本当に知りませんでした。 今までどっちを使ってきたのかが、 すごく気になった瞬間でした。 ほんと、どっちを使
『鉛フリーはんだ基礎講習 山市』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、鉛フリーはんだを使った キャノンコネクタやDsubコネクタのカップ端子に、 リード線をはんだ付けする際のお話です。 過去に予備はんだの考察としてお話したことがあり、 鉛フリーハンダ「コネクタ・ケーブル特集」(

メルマガの参考写真です。 リード線への予備はんだ Dsubコネクタへのはんだ付け
『予備はんだ』の画像

今日は、はさみはんだによるチップコンデンサのはんだ付けの様子を 映像でご覧いただきましょう。 http://k.d.cbz.jp/t/7a06/90o73gy0qghrmd2ds9 鉛フリーはんだを使用する際には有効と言われている手法です。 かなりのんびりとした、作業の様子がわかるかと思います

こんにちは、はんだ付け職人です。 先週、コテ先の違いによる熱容量の違いを 目で見て体験していただこうと映像を観ていただいたのですが 多数ご指摘をいただきました。 「細いコテ先のときにだけサーマルランドに半田付けしているのは ずるいのではないか? 不公

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、コテ先の違いによる熱容量の違いを 目で見て体験していただこうと映像を用意しました。 と言いますのも、同じハンダゴテでも 「コテ先を交換するだけで、まったく熱容量が変わる!」 という話をずっとしているのですが

こんにちは、はんだ付け職人です。 先週、窒素フローハンダゴテではんだ付けする際の はんだ付けポイントの温度変化の様子を映像で紹介させていただきました。 私の説明が不十分だったせいで 「おかしいのではないか?」 と疑問を持たれた方も多数おられたかも知れ

補足資料 窒素フローハンダゴテのコテ先温度 コテ先温度300℃に設定 熱電対の先端で温度測定 200℃程度の窒素ガスがコテ先から放出されています。 (近づけるだけで温度が上がるのはそのためです。余熱効果) http://www.soldering-guide.com/archives/5209454

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、ハンダゴテのコテ先を当てているポイントの 実際の温度についてのお話です。 温度調整機能つきのハンダゴテは コテ先温度はコントロールできますが 「実際のはんだ付け箇所の温度はどうなってるの?」 という質問を受

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、鉛フリーはんだの仕上がり状態についてのお話です。 (表面が白っぽくなる) 鉛フリーはんだの特徴として 仕上がり状態が、鉛入り共晶はんだに比較して 白っぽくなるのはご存知だと思います。 この原因は、はんだが冷

自然冷却したもの 左はスルーホールのみ 右は周囲のGNDに囲まれている 自然冷却したもの 左側にパターンがあるため放熱して 早く固まった はんだ付け後、送風して急冷したもの ぴかっと光っている フラ
『メルマガ資料(表面の白化)』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です 最初にお詫びと訂正です。 先週、先週ハンダポットの【銅食われ】についてお話した際に ***銅成分は0.7%を超えるとハンダ自体が脆くなってしまいますので*** と書きましたが銅成分は、錫銀銅でも錫銅ニッケルでも  ハンダメーカ
『はんだ付け講座(2008.11.26)』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です 今週は、先週の【はさみハンダ】に引き続いて【置きハンダ】ついてのお話です。 置きハンダとは、あらかじめカットしておいた糸ハンダを母材の上に載せておき ハンダコテを当てて加熱し、ハンダを溶かしてハンダ付けする方法です。
『はんだ付け講座(2008.10.29)』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です 今週は、【はさみハンダ】についてのお話です。 以前から、ステンレスのハンダ付けなんかでは「はさみハンダでないと ハンダ付けできない。」みたいな話を巷で聞くことがありました。 近年、「鉛フリーハンダには【はさみハンダ】
『はんだ付け講座(2008.10.22)』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です 今週は、先週お話した『不足する熱容量をいかにして補うか?』に 紹介していなかった、ホットプレートについての話題です。 「お好み焼き 焼くんと違うんかい?」と思われる方もあるかもしれませんが 当社ではホットプレートを使う
『はんだ付け講座(2008.10.15)』の画像

↑このページのトップヘ