ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblog

Pbフリー(鉛フリー)ハンダ付けや 半田付け技術のノウハウ公開と集積を目的としたblogです 

ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblog イメージ画像
はんだ付けに光を!

糸半田インプレッション

1月のインターネプコンで目をつけていた 千住金属工業さんの 「LEO」という低温はんだのヤニ入り糸はんだ。 表面実装部品の取り外しにピッタリなのではないか? との目論見もあって、紹介させていただきましたが、 このたび、実戦に使ってみて、有効性を確認できま
『千住金属工業の LEO(低温ヤニ入り糸はんだ)インプレッション』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 今日は、極細の糸はんだのお話です。 「どうしても、上手くはんだ付けが出来ないのだが 一度見てもらえないか?」 というご相談を受けて、 先日お持ちいただいたサンプルがありました。 (鉛フリーはんだ仕様です) 0.5mm
『はんだ付けに光を!(2011.9.27)極細糸はんだの効果』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 先週は、ハンダゴテの電力表示についてのお話を させていただいたのですが、 ハンダゴテの世代によって電力表示の仕方が違うことが わかりました。 そのとき書きながら「ひょっとして?・・」と思ったのですが はんだ付け装置

こんにちは、はんだ付け職人です。 今週はとても久しぶりに糸はんだのインプレッションです。 ちょくちょくステンレスへのはんだ付けを 依頼されるのですが、今回は 「鉛フリーはんだを使えないか?」 というご依頼でしたので調べてみました。 数年前ならこ

石川金属株式会社 J3−ESK−3 Φ0.6mm Sn96.5−Ag3.0−Cu0.5 SUS304 バネと板 SUS304 バネと板
『ステンレス用鉛フリーはんだ』の画像

こんにちは、はんだ付け職人です。 先週引き続いてインターネプコンのお話です。 ハンダメーカーについても各ブースを2回づつ回ってきました。 というのも、ヤニ入り糸ハンダで 1:共晶ハンダのφ0.2mm以下の太さのものがないか? 2:鉛フリーハンダのφ0.2m
『はんだ付け講座(2009.2.12)』の画像

千住金属さんに頼んでいたφ0.1mmとφ0.2mmの糸ハンダがやってきました。 それぞれ\25,000円強と\13,000円強もしてしまいました。 今のところ、こいつを使うような難易度の高いご依頼はありませんが、いざ頼むと納期が2ヶ月も掛かってしまうので持っておく事にしまし
『鉛フリー糸ハンダ φ0.1mmとφ0.2mm』の画像

5
☆ ご質問 こんにちは、blog参考にさせていただていおります。アルミットがSenju のエコソルダーよりも劣るというのは意外でしたが無鉛になってから、アルミットはちょっとさえないような印象をもっていましたので、やはり?!といった感じはあります。 ところで、日本

3
マニア向けに 現状 最高級品質と思われる半田について 紹介しておきます。 スペースシャトルなどの 宇宙用にも使われている半田です。 日本アルミット㈱の KR−19という糸半田なんですが なかでも KR−19 SH RMAという形式のものが お勧めです。
『最高級』の画像

5
Pb(鉛)フリー糸半田の インプレッションを ひとつ・・ 結論から言うと 現在まで使ってきた中で一番のお薦めは  千住金属工業の ECO SOLDER RMA98  SUPER M705(Sn/Ag/Cu)です 濡れ性の良さや 扱い易さでは 1番です
『pbフリー(鉛フリー)糸半田 インプレッション』の画像

↑このページのトップヘ