002


これは、何に使うものかと言うと、デニムに使うリベットです。
(現在の量産品では、ステンレスや真鍮が使用されている)

小中 儀明君率いる FORTY NINERS というファクトリーでは、
80〜100年前のミシンを復活させ、当時と同じデニム生地
(織り機は世界にも数台しかないそうな)、
糸(当時の糸は太さが不ぞろいで切れやすい)、
縫製方法で、
現在、ビンテージと呼ばれるデニムを現代に蘇らせました。
https://www.facebook.com/konaka.yoshiaki

※ビンテージのデニムは、1着 何百万もするものがあります。
 当時のミシンを使えば理論的には出来るであろうと、
 誰もが考えていたそうですが、実行できたのは彼だけ。
 (1本のジーンズに造るのに約20台の専用ミシンを使うそうですが、
 すべてのミシンを使いこなせるのは、世界でも彼しか居ない)

リベット打ち機も、ご当時モノですが、特注して作らせた鉄リベットの
板厚が、当時よりも薄いため、そのまま使うと裏が平らになってしまうそうな。

「誰がそんなとこ見てるねん!」と突っ込みましたが、
「いや、マニアは見てる。」気づかれて「な〜んや。」と言われるのが
ガマンならんとのこと。

彼は、健気に自分ではんだ付けしていたのですが、
なかなか、上手くいかないのと、縫製の時間が足りないので、
我々が協力を申し出たものです。

そのこだわり、見習いたい。