こんにちは、はんだ付け職人です。

今日は、久しぶりにハンダゴテのインプレッションです。
新たに導入したのは、HAKKO FX−838です。

products_hakko_fx838_img


このハンダゴテにオプションでN2(窒素)システムの
FX−8302をつけました。

FX8302-01




というのも、従来からFX−951や、FX−888DのN2システムを
使用しており、窒素ガスの効果による、コテ先の酸化を防ぐ効果や、
母材の余熱効果は素晴らしいと感じていました。

今回、ステンレスの金物のはんだ付けを受注するに当たって、
従来のFX−888Dに最大の熱容量を持つコテ先4Cを
セットしてN2を使用しても熱量が不足するという事態が生じました。

888Dは70Wの出力ですが、838であれば150Wの出力があり、
さらに大型のコテ先5Cが使用できます。
(現状、N2システムでは最大のコテ先ではないかと・・)

思惑は、ばっちり当たってステンレスの金物でも
らくらくハンダを融かすことが可能で、
工数は半分以下になりました。

熱量不足にお悩みの方には、参考になるかと思います。


ついでに、あまり知られていないかもしれませんが、
窒素ガスの発生装置 FX780 は結構高価です。
products_hakko_fx780_img


しかし、ハンダゴテから噴出するN2は微量なので、
ハンダゴテを5台程度は同時に使用することが可能です。
(N2を強く噴出させると、逆にコテ先温度が下がってしまう)

※あまりたくさん接続するとN2濃度が下がってしまいますが・・

なので、ハンダゴテ1台に窒素ガス発生装置が1台必要だと
考えている方には、意外に安く導入できることに
驚かれる方が多いです。

参考になりましたら幸いです。


では、明るいはんだ付けを!