こんにちは、はんだ付け職人です。

前回、酸化したコテ先と、酸化していない良い状態のコテ先と、
コテ先の酸化を予防するお話をしました。

その続きとして、酸化したコテ先を復活させる方法を
シェアさせていただこうと思います。

「コテ先温度360℃の壁」のお話は、講習会や
ホームページ、書籍などで何度もお話しているので、
割愛しますが、

http://www.noseseiki.com/kisokouza/01.html(はんだ付けが上手にできないのは腕のせい?)

特に360℃を超えた温度で、いったん、形成されてしまった
コテ先の酸化膜は、スポンジでクリーニングしても除去できません。

そこで、「コテ先の復活剤」なるものの
登場となります。

HAKKOさんの製品に「ケミカルペースト」という名称の
FS−100というものがあり、

これが、コテ先の酸化膜を除去してはんだメッキを
復活させるためのツールなんですが、

意外に、使い方をご存知の方は少ないようです。
動画を用意しましたので、ご覧いただけると幸いです。

使い方は簡単です。



ただし、蒸発する煙はなるべく吸い込まないほうが
良さそうです。体に悪そうな臭いがします。

では、明るいはんだ付けを!



 大阪のポリテクセンター関西での講習会、検定。残席わずかです。

 1級 1席
 2級  3席
 3級  3席
検討中の方がいらっしゃいましたら お早めにお申込ください。
http://www.handa-npo.com/kentei/koudopolitec.html

(11月の幕張、2015年2月のポリテク関西の開催も決定です)

※2014年もはんだ付けアートコンテストを
 開催することになりました。
 広く皆様からの作品を募集いたします。
http://www.soldering-art.com/contest01.html

期間:  2014年5月30日〜10月30日

今年は 部門をわけて募集・審査いたします。
・小中学生の部、
・一般の部    の2部門です。

夏休みの自由課題にいかがですか?