こんにちは、はんだ付け職人です。

「君はプロゴルファー猿か?」
「プロゴルファー猿やないんやから・・」

これは、はんだ付け業界でよく使われるフレーズです。
(私の周囲だけ?・・)

どういうときに使われるかと申しますと、
ハンダゴテを使ったはんだ付けの際

標準で装備されている鉛筆型のコテ先を用いて
悪戦苦闘している現場を見つけたときです。


【プロゴルファー猿とは、こういう人(ウィキペデイア)より】
http://k.d.cbz.jp/t/7a06/a0xwv1v08iicgfu1pq
「プロゴルファー猿」は天才少年ゴルファーです。

ゴルフクラブは自作で、シャフトからヘッドまで全て木製、
ヘッドはコブ状の根部分を削ってます。

このドライバー1本だけで、
ティーショットからパットまでこなしてしまいます。


このメルマガでも、何度か例え話をしましたが、
コテ先の選定は、ゴルフのクラブの選定に似ています。

母材の形状や、熱容量、周囲の状況によって
的確なコテ先を選定しなければ
ハンダゴテは、その性能を発揮することはできません。

「猿」は天才少年ゴルファーですので、
ドライバー1本だけでも闘えますが、

現実には、石川遼君でも木製のドライバー1本では
プロの世界では闘えないでしょう。
(私よりは上手だと思いますが・・)

でも、はんだ付け業界には、プロゴルファー猿と
同じことをやっている方がまだまだ多いのが現実です。

はんだ付けの不具合の原因は、コテ先温度が高すぎることと、
コテ先の形状が不適切なことがほとんどです。

会社の後輩や、従業員の方、お友達が
はんだ付けで困っていて、その手に
鉛筆型のコテ先のついた、ハンダゴテが握られていた場合には、

「君はプロゴルファー猿か?」
「プロゴルファー猿やないんやから・・」

と声を掛けてあげてください。

アドバイスはこちらにあります。

ハンダゴテの選び方
http://k.d.cbz.jp/t/7a06/a0xww1v08iicgfu1pq
コテ先の選び方
http://k.d.cbz.jp/t/7a06/a0xwx1v08iicgfu1pq
私たちには、「旗つつみ」は出来ませんから
基本が大事です。


では、明るいはんだ付けを!


※旗つつみ

猿の最も得意な技であり、作品中頻繁に登場する。
カップの上で風にはためく旗にゴルフボールを命中させる。
ボールは旗に包み込まれそのまま落下してカップインする・・
という恐ろしい技。