オーリス
































まずはトヨタ オーリスの液晶パネル基板の回路修復をします。車内エアコン部分のパネル基板でしょうか?液晶部分のピンが自分で作業中に1本折れてしまった状態でした。折れてしまったピンも同封していただきましたが、かなり長時間基板からピンを抜くために戦ったのでしょう、もうピンがグラグラで疲労骨折間近…といったかんじだったのでこちらで余分のあったリード線(固いやつです)を使うことにしました。

液晶部分の折れてしまった根元に予備ハンダをしてリード線をつなげました。

オーリス























次にLED交換(LED打ち替え)です。純正のオレンジからブルーに変更します。ハンダコテ2本を使って取り外した後 新しいLEDをハンダ付けして完成です。ここで注意したいのは

  ★コテ先温度(〜300℃)→LEDは熱に弱い部品です。せっかくハンダ付けできても破損していてはダメですね。

  ★極性→LEDには実装する向きがあります。基板に印がある場合がほとんどですが念のために写真を撮っておくと確認が便利です。

  ★イモハンダ・馴染み不良→コテ先温度が低いためにハンダが馴染まない状態だと点灯しません。ドライヤー、ホットエアー等で不足した熱容量を補ってやるなど工夫することによって仕上がりがきれいになります。

と、ざっくり交換の際の要点をまとめてみました。その他にもLEDの耐電圧・VF値などを事前にしっかり調べておく必要があります。自分で頑張ってみよう!と思う方 作業はもちろん下準備も入念に…。


はんだ付けでお役に立てるなら
お気軽にご相談ください!個人様、法人様問いません。

こちらからご相談くださいませ!

ご連絡お待ちしております。