fbf0eaf3.jpgさて、今回はコンデンサの液漏れによる DELLパソコンのマザーボードコンデンサ交換作業です。
今月のブログにアップした例と全く同じ症状ですね。

放熱板がコンデンサの上部を覆っており
これを外さないとコンデンサを交換することが出来ません。

放熱板は熱を逃がすのがその役目なので
ハンダコテで熱を加えてやってもどんどんその熱を大気中に
逃がしてしまいます。そのため、通常のハンダ方法では
ハンダが熔けるまで加熱出来ず 取り外しが出来ません。


今回も小型噴流DIP槽を使って基板ごと温めて
放熱板を取り外し、コンデンサを交換後、再び放熱板を
ハンダ付けしました。ただし今回は小型噴流DIP槽が
前回のものと換わり マスキングの
養生が楽にできるようになりました。


この噴流槽で基板ごと温めて放熱板を取り外し、
コンデンサを交換後、再び放熱板を
ハンダ付けして完成です。

はんだ付けでお役に立てるなら
お気軽にご相談ください!個人様、法人様問いません。

こちらからご相談くださいませ!

ご連絡お待ちしております。