☆質問
半田付けをするときに半田コテをあてつづけると周りの部品にも熱が伝わって、かなり高
温になるのですが、コンデンサーなどは高温になることで影響が出ることがあるのでしょ
うか。
これは、上手な方がやるとそういうことはないのでしょうか?

☆回答
野瀬@半田付け職人です 

部品のリードや端子に 半田コテのコテ先を当てると 当然温度が上がります
事前に 耐熱温度を 調べておくと 安心ですが
通常 特別 熱に弱いという注意書きがなければ 自動で半田付けする場合
250度c 程度まで 部品ごと温めますから まず 大丈夫です

ただ コテ先は 400度c程度まで 温度が上がっていますから
長時間 当てていると ダイオードなどは 破壊されてしまいます

通常の半田付けなら 数秒( 3〜5sec)ですので そこまで
温度は上がりませんが 半田付けに失敗して 何度も加熱すると
熱による 破壊が起こります
( 基板が厚くて 半田が熔けないなど・・)

ダイオードなどでは 熱を逃がすため アルミクリップなどを
リード線に挟んで 放熱することがありますが
通常の作業なら 必要ないでしょう

> これは、上手な方がやるとそういうことはないのでしょうか

上記の点からすると それは言えますね・・