ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblog

Pbフリー(鉛フリー)ハンダ付けや 半田付け技術のノウハウ公開と集積を目的としたblogです 

ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblog イメージ画像
はんだ付けに光を!

更新情報

5
Pb(鉛)フリー糸半田の インプレッションを ひとつ・・ 結論から言うと 現在まで使ってきた中で一番のお薦めは  千住金属工業の ECO SOLDER RMA98  SUPER M705(Sn/Ag/Cu)です 濡れ性の良さや 扱い易さでは 1番です
『pbフリー(鉛フリー)糸半田 インプレッション』の画像

例えば お風呂に入った水を これから半田付けをしたい母材とします。 ここへ 熱湯を注いで お風呂の湯を 温めようとするわけですが 熱湯の入った ヤカンを半田コテだと 思ってください。 ここで お風呂の持つ熱容量は お風呂の大きさに比例します。 小さいお

実際に使ってみた事のある方は ご存知ですが SnAgCu(スズギンドウ)にしろSnCuにしても 共晶半田に比べると  ①熔け難い  ②濡れが悪くて広がりにくい ③粘度が高く ダンゴ状態になりやすい ④コテを離すや否や 固まる(早い) ⑤表面が白くなって 

インプレッション Pbフリー用 LA(負荷温度管理)方式半田コテ  (BONコートのパトリオットTB−150)  LA方式というのは 熱電対が半田コテ先端部に付いていて コテ先の温度を 直接温度調節器で調整しているタイプをいいます。通常の温調付き半田コ
『bonコート パトりオットTB−150』の画像

長年 電気製品や 電子機器には プリント基板を中心として 電子部品の電気的接合に 半田が使われてきました。  数年前までは 使用済み電気・電子機器の実装基板は、ほとんど回収されずに粉砕などの処理をされ、埋め立てなどで廃棄されてきました。    従来の共晶

 はじめまして 野瀬@半田付け職人です・・  このblogを開設した目的は Pbフリー(鉛フリー)半田付けに関する 技術 情報を広く集めて 集積し 同業の製造業の方々に 公開することで 互いに 利益を得ることが可能ではないか?と考えたことにあります・・

↑このページのトップヘ